脇の黒ずみに美白化粧品を使っても問題ないの?

黒ずみをなくしたい!そう思ったときに美白化粧品を使って黒ずみを消せないかな?と考えたことはありませんか?
美白化粧品はシミやくすみ、黒ずみを消すのにとても効果的な化粧品となっています。しかし、美白化粧品は刺激が強いものも多く安全面で不安になる方も多いかと思います。

そんな美白化粧品を使って脇の黒ずみを改善させる方法について紹介していきます。

脇に美白化粧品は使ってもいいの?

美白化粧品は脇にも使用することが可能です。しかし、脇に使用する場合には使う美白化粧品をしっかりと選ぶ必要があります。あまりに刺激の強い美白化粧品を使ってしまうと思わぬ肌トラブルを招いたり、黒ずみが悪化する可能性があるからです。

脇の黒ずみをなくしたいときに選ぶべき美白化粧品は【低刺激の美白化粧品】です。当たり前のことですが、顔に使用する場合でも美白化粧品は肌トラブルが起きないか心配になるコスメの1つです。そんな美白化粧品を皮膚の薄い敏感な脇につかうのですから、刺激には細心の注意を払わなければいけません。

脇に使用したい美白化粧品は【メラニンの生成を抑える】効果のあるものです。美白化粧品には色素に直接作用して白を抜くものと、メラニン色素を作らないようにして新しいメラニンを作らないようにするものの2種類があります。
メラニン生成が抑えられれば肌の代謝によって勝手に黒ずみは無くなっていくので、脇の黒ずみ改善に使用する場合にはこちらの美白化粧品で十分なんです。
※色素に直接働きかける美白成分としてハイドロキノンがとても有名ですが、ハイドロキノンはとても刺激の強い成分ですので脇に使用するのには向いていません。下手に刺激を与えない為にもハイドロキノンの使用は避けてください。

なので、脇には刺激の少ないメラニン色素の生成を抑える美白化粧品なら使用しても大丈夫です。

脇に美白化粧品を使用する際の注意点

黒ずみをなくしたいが為に強めの成分を選択する方もいると思います。しかし、脇には普段から驚くほど大きな負担がかかっていることをご存知でしょうか?服の擦れはもちろん、脇腹と腕が擦れるだけでも刺激になるので歩いたり走ったりするだけでも脇は刺激を受けているのです。

前項でハイドロキノンの使用は避けたほうが良いと紹介しましたが、美白化粧品に多く使われる成分としてビタミンAの存在があります。これはトレチノインという名称で美白化粧品に含まれている事が多いのですが、この成分も脇に刺激を与えすぎてしまう可能性があります。

トレチノインの効果はピーリングと同じ感覚で、肌の古い角質を剥がす効果があります。その為、ピーリングではないからと多用してしまうと脇が炎症を起こしたり、下手をしたら黒ずみがもっとひどくなってしまう可能性があります。
脇の黒ずみを改善させる為に美白化粧品を使用するなら【敏感肌専用】のものを使うようにしましょう。

美白化粧品で脇の黒ずみを改善させるときに知っていて欲しいこと

美白化粧品を使用して脇の黒ずみは改善させることが可能です。しかし、この方法は時間をかけて行う方法だという理解をしっかりともっていてください。
長年かけてできた黒ずみを無くすには時間をかけてゆっくりと黒ずみを改善させるしかありません。強硬手段を取って黒ずみが無くなっても、その後にさらにひどい黒ずみになってしまっては元も子もありません。毎日少しずつ行えば2ヶ月〜3ヶ月。長くても1年ほどで黒ずみの改善が見込めます。
美白化粧品を使用して脇の黒ずみを改善させるなら長い目で見てケアを行うことが大切です。