MENU

ホルモンバランスやアトピーでなんで黒ずみができるの?

脇の黒ずみが発生する原因としては、外的な要因の他に内的な要因が関係してくることもあります。
もしあなたの脇の黒ずみが体の内側からが原因だった場合、実は外からのケアがなくても黒ずみ自体は無くなっていきます。
体の中からの影響というのは普段なかなか意識しない部分ですが、自分の脇の黒ずみが何故できてしまったのか?体の内側が原因でできる黒ずみの原因についてここでは紹介していきます。

体の内側が原因で黒ずみができるってどういうこと?

そもそも脇に黒ずみができる外的な要因とは、肌が刺激を受けたときに皮膚の奥で生成されるメラニン色素が原因です。このメラニン色素は通常外部からの紫外線や摩擦などの刺激から発生するものなのですが、実際には体の内部からの影響でも発生することがあるのです。
体の中からの影響として挙げられるのが「妊娠・ホルモンバランスの変化・アトピー」などの要因です。
アトピーに関しては一概に内部からとはいえないかもしれませんが、これらの理由により体の内側からの影響が原因で黒ずみができてしまうのです。これらの内的要因についてこれから詳しくご説明します。

何で妊娠すると脇に黒ずみができるの?妊娠中に黒ずみができる理由

すでに出産を終えた方や現在妊娠している方はわかると思いますが、妊娠中は普段とは違い体のいたるところに黒ずみが発生してしまいます。その原因としては、妊娠によってホルモンバランスが大きく変化するためです。
女性の体は通常女性ホルモンであるエストロゲンが多く分泌されます。普段はエストロゲンが優位な状態にあり、プロゲステロンの影響による黒ずみ発生を実感することはあまりありません。
しかし、妊娠時には赤ちゃんをお腹の中で育てるためにプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンをエストロゲンよりも多く分泌します。
プロゲステロンの分泌が増えることによって、プロゲステロンの持つ紫外線の影響を受けやすくする効果や、メラニン色素を生成するメラノサイトを刺激する効果のこの2つが原因で黒ずみができてしまいます。

これだけ黒ずみの原因がメラニン色素だと言われると、何故紫外線を受けない脇に黒ずみができてしまうのか不思議に思う方もいるかと思います。けれど脇は古い角質の排出がうまくいかない上に、普段の生活の中で摩擦や刺激を受ける機会が多いのです。
その為、妊娠時にはプロゲステロンの影響でさらにメラニン色素ができやすい状態になり、特に脇に黒ずみができやすいのです。

ホルモンバランスの変化ってどういうこと?ホルモンの変化で起きる黒ずみ

妊娠で脇の黒ずみができることと、妊娠以外でホルモンバランスが変化して黒ずみができることは一見同じ事を言っているように見えますが、実は少し違うんです。
妊娠以外でホルモンバランスが変化する要因として「日ごろの不摂生・第二次性徴・生理不順」等があげられます。妊娠時には単純にプロゲステロンの量が増加したと片付けられる原因も、不摂生や第二次性徴が関係してくるとなるとプロゲステロンだけが要因であるとは言い難いのです。

ホルモンの影響は黒ずみだけでなく、体全体に変化をもたらします。その中のひとつに肌の代謝を遅らせるというものがあります。特にホルモンバランスが変化する第二次性徴期や、不摂生が祟って起きたホルモンバランスの変化では、肌の代謝がうまくいかなくなることもしばしば。脇はもともと代謝の遅い部位なので、ホルモンのせいで代謝がさらに遅れるとメラニン色素がどんどん溜まっていき、黒ずみができてしまうのです。

アトピーで黒ずみができるのは掻きむしってしまうから!

アトピー性皮膚炎の方は皮膚のバリア機能が低下しています。皮膚炎の部位が脇になければアトピー持ちの方と脇の状態は変わりありませんが、アトピー症状が脇にある場合はそれが原因で黒ずみになっている可能性が大きいです。
バリア機能の低下している肌は外部からの刺激が肌に伝わりやすく、メラニン色素を生成しやすい状態にあります。また、アトピーはかゆみがあるため、掻くことでもメラニンが生成されてしまいます。
なので、アトピー症状が脇にある方はとても黒ずみやすい状況になっているといえます。
体質的な問題にはなりますが、乾燥させることでもっとかゆみや黒ずみのリスクが上がってしまうので、要注意です。

内部的な要因は原因がなくなれば改善に向かいます

アトピーだとなかなか治るものではありませんが、ホルモンバランスの乱れや妊娠はある程度の期間をおくことで自然と元に戻るので、脇の黒ずみに危機感を覚える必要はありません。
妊娠・アトピーなどの内部的な要因で脇に黒ずみができていた場合、その原因となる内部の状態が改善されれば黒ずみはなくなっていきます。
焦らずに改善していきましょう。