ニベアや豆乳ローションが脇の黒ずみに効く理由

脇の黒ずみにはニベアがいい!とか豆乳ロージョンがいい!という言う話を聞いたことはありませんか?いいとは言うけど、なんで脇の黒ずみに効くのかって分からないですよね。
そんなニベアと豆乳ローションが脇の黒ずみに何で効くのをここでは紹介していきます。あまり知られていないこの2つの黒ずみに効く理由。その根拠を一緒に確認して行きましょう。

脇の黒ずみには美白化粧品は必要ない!

脇の黒ずみは日々の生活の中で脇が受ける刺激によってメラニン色素が生成されることで発生します。脇はとても刺激に弱い部分なので、刺激を受けてしまうとすぐにメラニンができてしまうんです。
そんな脇も他の皮膚と同様に肌の代謝が行われています。この代謝が正常に働いてメラニンを溜め込むことがなければ、美白化粧品を使わずとも脇の黒ずみは解消されていきます。

そんな脇の代謝を高めるために注目されるのが「ニベア」や「豆乳ローション」なのです。

何でニベアと豆乳ローションが黒ずみに効くの?

ニベアと豆乳ローションの効果として最も期待できるのは保湿です。肌は保湿をすることによって外部からの刺激を弱くしたり、肌の代謝機能を正常に働かせることが可能になります。その為、ニベアや投入ローションを使ったケアを行うことで脇の黒ずみの改善が目指せるという理由でこれらの商品が黒ずみに効くと言われるようになりました。
しかし、ニベアと豆乳ローションでは明らかに異なる点が1点あります。それは「保湿以外の効果を持っている」という点です。ニベアは保湿以外の効果を持っていませんので、この点で言うと豆乳ローションの方が効果的に黒ずみの改善ができると言えます。

脇の黒ずみにはニベアより豆乳ローションがおすすめ!

ニベアの保湿クリームは保湿成分しか含んでいない為、文字通り保湿しかできません。これと比べて、豆乳ローションには肌に浸透しやすい【大豆イソフラボン】が含まれています。黒ずみ改善にはこの大豆イソフラボンが効果を発揮してくれます。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと非常に良く似た構造を持っており、体内に吸収された際にはエストロゲンと同じ働きをしてくれます。脇の黒ずみに対して発揮されるエストロゲンの効果は【体毛を薄くする】というものです。脇の黒ずみの発生原因として最も多いものは脇毛の自己処理による刺激です。
大豆イソフラボンがエストロゲンの働きをしてくれるおかげで、脇毛が生えてくるのを遅くして自己処理の回数を減らす効果と保湿効果の2つの効果で脇の黒ずみ改善が見込めます。しかし、豆乳ローションは脇専用に作られているものではないので、もししっかりと効果を実感したいのなら脇の黒ずみケア専用のクリームを使用することがおすすめです。

脇の黒ずみ専用クリームって何?

脇の黒ずみ専用の商品ってご存知でしょうか?ぱっとみだと他の保湿クリームと大差がないように感じるものも多くありますが、本当に効くクリームも多数存在します。
保湿をすることで肌の代謝を良くして脇の黒ずみが改善できると先ほど紹介しましたが、脇の黒ずみ専用クリームは、これを塗るだけで保湿クリームとは段違いの肌の再生力を高めることが可能です。基本的な効果は保湿と肌の力を後押しする効果。
脇の黒ずみはイチゴ鼻などの毛穴の汚れ黒ずみになっていることはほとんどなく、肌に溜まっているメラニンを排出することで解消が可能です。一刻も早い脇の黒ずみ改善を本気で考えているのなら、ニベアや豆乳ローションを使用するよりも脇の黒ずみ専用クリームの使用をおすすめします。