脇に黒ずみができるのは日ごろのケアのせい!

脇の黒ずみっていつの間にかできていますよね。気付いたときにはすでに遅くて肌を出すシーズンに入っていたり、着替えのとき友達や周りの人に見られたりしていることも。。。
黒ずみを改善するには、まずは自分の黒ずみができた原因を知ることが大切です。
そんな知らない間にできている脇の黒ずみの原因についてここでは紹介をしていきます。原因を突き止めて脇の黒ずみの悩みをなくしていきましょう!

何で脇に黒ずみができるの?

脇に黒ずみができるのは、シミやくすみの原因にもなるメラニン色素が肌に溜まってしまうことにあります。
メラニン色素とは、皮膚が外部からの刺激を受けたときにメラノサイトという細胞が肌の抵抗力を高めるために生成する黒い色を持った色素のことです。

脇に黒ずみができるのは「脇毛の自己処理・下着の摩擦・制汗剤の使用・肌の乾燥」等の日常生活を送る上での様々な刺激を受けてしまう事が原因です。ここからは脇の黒ずみの原因について項目ごとに詳しく説明していきます。

脇毛の自己処理は危険!脇に黒ずみができてしまう最大原因!

脇に黒ずみができてしまう原因として1番最初に挙げられるのが脇毛の自己処理です。
脇毛の自己処理方法としては多くの方が剃刀やピンセット・毛抜きを使用していると思います。しかし、これらの間違った方法は普段の生活の中で最も脇に負担をかけてしまう行為なのです。

剃刀を使った自己処理は、脇毛をしっかりと剃る為に何度も何度も強く深く脇を刃でなぞることになります。脇の黒ずみは刺激によって発生するものなので、剃刀の刃による刺激は黒ずみを作る最大の要因となります。
また、ピンセットや毛抜きによる脇毛の処理は脇毛が抜けた後の毛穴が開いた状態になるので、その部分から雑菌が入り込む可能性があります。雑菌が毛穴から入り込んでしまうと皮膚が炎症を起こし、炎症から来る刺激が黒ずみを作る結果となってしまうのです。
しかも上手に毛が抜けなかったときは脇毛が埋没毛となる為、黒いぶつぶつの黒ずみを発生させます。埋没毛は見た目だけでなく皮膚にとっても良いものではなく、脇の肌トラブルにもつながります。

下着が原因で黒ずみができる?黒ずみを作る下着ってどんなもの?

脇の黒ずみを意識したときに下着にまで気にする方は少ないのではないでしょうか?実は黒ずみをつくる原因には下着も深く関係しています。
毎日何気なくつけている下着ですが、肌との摩擦による刺激であったり、下着の素材やデザインによっても脇の黒ずみを作る原因となります。多くの人は女性らしさを演出する為に可愛いデザインの下着を選ぶことが多いと思いますが、ポリエステル素材のものや飾りのフリルが多いものなど、肌への摩擦を大きくしてしまう素材やデザインのものを常に着用していると脇に大きな負担がかかってしまい黒ずみの原因となるのです。
特に胸を大きく見せるための「盛りブラ」と呼ばれる脇高ブラジャーなどは、脇へはみ出たお肉をバストへ戻すために通常のブラジャーと比べて脇の部分が高めに作られており、脇にかかる負担も増えます。
また下着のサイズが合っていない場合も黒ずみの原因となります。下着のサイズが小さい場合は強い締め付けが原因となり、大きい場合は肌と下着の間に隙間ができてしまいワイヤーなどが肌に擦れることで脇以外の部分でも黒ずみや色素沈着をつくってしまう原因となります。黒ずみが気になる方はノンワイヤーのブラジャーを試してみたり、肌に優しい素材のものを選ぶようにしましょう。

制汗剤で黒ずみができる意外な理由

夏の時期ともなるとどうしても気になるのが汗のニオイ。けれど、いつも使っている制汗剤が実は脇に黒ずみができる原因だということをご存じですか?
ロールオンタイプの制汗剤もありますが、服を着たままでもシュッとひと吹きで使用できて、なおかつ軽いので持ち運びにも便利なスプレータイプが人気です。しかし制汗スプレーは制汗剤の中でも特に脇の黒ずみを作る原因となっているのです。
その理由としては、制汗剤には汗を止め、ニオイを押さえる成分が多く含まれています。その成分はとても粒子が細かいため脇の毛穴をふさいでしまうリスクを持っています。
それに加えて制汗スプレーの噴射の勢いはとても強いので、脇に近い距離で噴射してしまうと脇の皮膚には強い刺激となってしまいます。
特に脇は古い角質が溜まりやすい部分です。そんな脇の毛穴に制汗剤の成分が詰まることで肌のターンオーバー機能(代謝機能)に異常が出てしまい、古い角質が排出されなくなって黒ずみができてしまうのです。
また、強い噴射で脇に刺激を与えることで新たなメラニン色素の生成を助長してしまうので黒ずみができる為の条件が重なってしまうともいえます。

脇も乾燥する?乾燥で黒ずみができる理由とは?

脇はどのシーズンでも汗ばんで蒸れているというイメージがあると思います。でも脇って意外と乾燥するんです。
例えば先に挙げた脇毛の自己処理。脇毛を剃った後の肌は角質が削られていますので、とても乾燥しやすくなっています。脇毛を剃った後に保湿などのケアをせず放っておくとダメージを負った角質が空気に触れて乾燥してしまうのです。
また、夏は汗をたくさんかくので、汗を拭きとろうと脇をタオルでゴシゴシ擦ってしまうことも脇の肌の乾燥に繋がってしまうので気を付けましょう。
乾燥した肌は言うまでもなく肌の調子を悪化させます。前項でも紹介をしましたが、肌の調子が悪くなってターンオーバーが遅れれば黒ずみを発生させる原因となるのです。

原因から黒ずみをなくす方法を探す

脇毛を自己処理している、処理後に保湿をしていない、制汗剤を愛用している、下着のサイズが合っていない…。
脇の黒ずみの原因はさまざまですが、上記に当てはまる方はできることから1つずつ原因をなくしていきましょう。
自分の脇に黒ずみができた原因が分かると対策をとることが可能になります。自分の黒ずみが何故できたのかをしっかりと確認して解消していきましょう!